ただの日常

とりとめのないただの日常です

たいちょう不良

朝の頻繁な遅刻を怒られた

1限からはケロッとした顔で受けてるから

怠けだとかに見えるんだろうなぁと思う。

親に言ってないにしても、親からも指摘されるのは

ちょっとキツいなぁ。

彼らが僕の不調に気づいたことなんて一度もないのだけれど

体の表面に顕在化された不調を、体調不調というのなら、

精神から滲み出る不調も体調不調であっていいはずなのに

誰も許してはくれない。

精神に穴がぽつぽつ空いて

そこから程近い身体をも蝕み

体にぶつぶつと瘤が膨らんで

日常的に痛むようになってからでは

明らかに遅いと思うのだ。

遅刻という手を持って

自滅しないように

精一杯のコントロールをしているつもりなのだけど

(言わば既に遅刻をするしかない状況に立っているのだが)

それは許されていないのだなぁ

許されなくても、

せめて授業は受けなければならないと教室に走るから、

生きていたいから、

"遅刻"という手を使った

半端な気休めしか得られず、

また、

遅刻をしないという選択もずいぶん無理難題なものだ

あまりの眠さに支離滅裂を極めている。

あぁ寝よう