ただの日常

とりとめのないただの日常です

承認欲求と“不必要になりたい”

さて…夏休みですね。

ちょいと閲覧数が増えたのはそのせいかな。


残念ながらもうあまり百合話をするつもりはないので期待しないでね。


遠距離だった元彼を吹っ切るのに1年かかったので、近距離の今回だと多分3年くらいかかるんじゃないかな。

という事で出来るだけ考えない、友達として接するという事が今年の目標。




…はい、ということで今回はメンヘラにありがちな承認欲求の話。

(厳密には多分メンヘラじゃないんだけど便宜上わたしはメンヘラってことにしてください)


わたしはほぼ常に、生きてるだけで誰かに認められたい。愛されたい。という欲求に塗れています。(知ってるかと思いますがこれを他者承認といいます)

自己否定感の強さから生まれるこういった承認欲求のせいで、何かに(特に人に)依存しやすく、依存しまくってうざがられたりするんですね。


しかし最近、その反対である“期待されたくない。どうでもいいと思ってほしい”という欲求も同時に存在することに気づきました。


何故こういう感情が存在するのかというと、

「死にたい」→

「でも迷惑をかけたくない。私が死んだ事で誰かに責任感を持って欲しくない。今のままじゃ死ねない。」→

「誰も必要としない存在なら死んでも良い」→

「期待されたくない。必要とされなくない。(あわよくば消えたい)」


と言った感じです。



でも深層心理には生きたい欲求があるので、「とりあえず死ねないし生きるしかねぇ。」となる。

しかし自分自身を愛せない分、生きる為には誰かに愛してもらわないと生きていけない。(他者承認)


するとそこで生まれる強い承認欲求!!

でも誰からにも絶対的には必要とされてない!!

止まらない承認欲求!!

満たされない心!!

死にたい!!


…とループしていく。


めちゃくちゃ矛盾に満ちているのがお分かりいただけると思います。



生きる為には愛され足りなくて

死ぬ為には必要とされ過ぎた。


簡潔にいうとこんな感じでしょうか。


必要とされていると考える事自体傲慢かもしれませんね。

でも私が死んだ後に母親が責められて病まれるのは嫌だしめんどくさいので、それくらいでちょうどいいと思います。


うーん、「必要とされ過ぎる」というより「死んだら生きてる時よりも迷惑をかける」の方がしっくり来るかもしれません。




自己承認を満たせばほぼ解決する事は理解してるんですけど、どうやっても自分が自分自身に対して有益なものだと思えないんですよね。

自分自身、私に期待も必要も感じていないので。

毎日、貴重な地球の酸素と資源を貪り、親の金をドブに流すよりかは、やっぱ死んだ方がマシですね。

う〜〜ん死にたい!!