ただの日常

とりとめのないただの日常です

一人暮らしで割と人間変わるよね。

親と離れて暮らすと、人間変わるもので。

今まで親のなにが嫌だったのか、どの辺が辛かったのかなんだかもうぼんやりとしてわかんなくなってきている。

あの時は、産んで育てた親が全面的に悪いと思ってたけど、今ではまともに育てたはずなのにまともに育たなかった私が悪いような気がしてきている。

姉はまともに育ったからね。

いや正確には前からそう思っていたところはあるけど、今では本当に親のせいにするようなところ親には無くないか?と感じている。

なんだかひどい家庭環境の話を見聞きした後だからかもしれない…

今の親と昔の親が結構違うのもあると思う。

姉はまともに育ったのに、私はまともに育たなかった。

これは本当にわからなくて息がつまる。

まぁわかってるんだ、中学生の時に適応障害になったのに誰の理解もサポートも無かったからというところがあることは。

でも人間多少は思春期に「つらいつらい誰も理解してくれない期」があるし、適応障害であった(たぶん)のもそれの延長じみたものだったなら、特別他の誰かと違うというわけでもない気がしてくる。

じわじわと染みる胸の痛みと休みたくなってきた学校。

ぬるい自殺未遂をしたことは誰も知らない。