ただの日常

とりとめのないただの日常です

頑張ってる人を見ると死にたい話

頑張ってる人を見ると死にたくなる。

本当に頑張ってるのに、親からの精神的虐待と、それによる友人関係のいざこざを持った友人がいる。

成績優秀、でも足りない、らしい。

誰もいない放課後の教室で泣いていた。

曰く、話せる人はもういないとの事。

仲良い子を板挟みにしたくない、とか人に気を遣って、自分の中でずんずん溜め込んでくタイプ。

彼女を見て、

鬱になって許されるのは彼女をみたいな人なんだな、と思った。

同時に、私はより必要のないものに思えた。

成績底辺で今にも留年しそうなのに、努力もしない。

家で一日中スマホする生活が数年続いてるけど、それでも親には何も言われない。

時間にもルーズで遅刻もしょっちゅう。

友達はいないからそもそも気遣う人もいない。

友人みたいな人はいるけど誰も私の事は必要ないみたいだ。

修学旅行の班分けはわかりやすく結果を生み出してくれる。

溜め込むタイプかと思えば、すぐ癇癪を起こし、物や人に当たるから違う、本当に害悪なやつ。

あげていけばキリのないほど対照的だ。

誰にも許されない

私にとって生きてることは許されないことなのだと、

まざまざと目の当たりにさせられる。

頑張ってる人は何にも悪くない

ただわたしが死にたくなるだけ。

部屋の処分が終わらないと死ねないと思っていたけれど、

もう部屋なんかどうでもよくなっていて

はやく死にたいなぁ