ただの日常

とりとめのないただの日常です

自殺のはなし

自殺し損なったの人のブログしかこの世になくて


自殺して死んだ人のブログはこの世にないんだよね。


Amazonで洗濯機を買おうと思って、


性能とか機能をじろじろ見ただけで使ってない人のレビューはいっぱいあるのに


実際に使ってみた使用感が載ってるレビューがない感じ。


私が知りたいのはその使用感なんだけどなぁ




告白

きっとこれをかかなきゃ話が伝わらないと思うんだけど


思い出すだけで辛くて吐きそうになるから保留させてください


彼女は私に告白まがいのことを…いやでも確かな"告白"をした


それだけの話なんだけど

女の子の話

多分きっと唯一私が必要とされてるのはこの女の子との話だろう。


だから一応するけど、あまり期待して欲しくない。


あぁ確かに両想いだったんだろうけどな、でもね、


やっぱあの子は異性愛者だったんだよ。


このふわふわとした関係は

半年持たなかった。


わたしばっか引きずっちゃって馬鹿みたい。


いや確かに誤魔化し誤魔化し生きてきて

何も言わない方が良いって思ってたのは私だけど


でも相手だって一緒だったんだよ


私が一押ししたら変わってたかな


でも元カノとかそういう関係になっちゃうのよくわかんないし


振り返って見たら、これって友達とそう変わらなくて肩書きだけの付き合いになるんじゃないかとか


始めてしまったが故にある終わりを見つけてしまうのではないかとか


そういう不安は数えきれなくて。



今じゃ彼女にとって私は"仲良い友達"より下手したらワンランクツーランク下の友達になっちゃったかもしれない


あぁしんどいなぁ



でも今の自分を擁護するために言うと


これは多分正解だったんだよ。


元々goodendはなくて、


そこにはただtureendがあっただけなんだ。



彼女はたまたま…きっと落ち込んでる時期で、なんか妙に好いてきた奴が、話のジャンルも合うし、まぁなかなか楽しいなと思って、勘違いしただけだったんだ。


私はけっこう、まぁまぁ、かなり、

ずっと好きだったんだけどね


友達と思えば押し込める…たぶん。


…いやそもそも最初はそうだったんだけど、そう思って押し込んできたけど


こじ開けてきたのは…あっちなんだよな…


あぁごめんねわたしがメンヘラだったのがよくなった



前の想い人を忘れるのに2年かかる女だったのが、きっとあなたの誤算でしょう…




否定されてしまったと思ってしまったから、もうあなたが嫌いです。


冷たい態度のあなたが嫌いです。


でもどうしようもなく好きなんですよ。


あぁ…これは嘘だから気にしないで欲しい…




私の何がダメだったのかなぁ

…全部かな

6/21

とくに書くこともなく、非生産的ブログはあまりしたくないのだが


まぁそもそもブログを書くという行為自体既に非生産的なのでまぁよいかという気持ちになった。byただのJK



体が重くて動かないなぁというか、


どちらかというと動かしたくないな、という感じで


ご飯は作ってくれるから一応食べるけど


なんか別に私はご飯が食べたかったわけじゃないなぁと思い


ゲームも毎秒触ってるTwitterも、


なんか特にやりたくないなという感じで


どうでもいいし、死にたいなぁとふわふわしながら


なんかそういう感じのサイトやらなんやら


ネットサーフィンしてたわけですが。



結局やはり全部ADDのせいなのではないかと、思うわけでありますよ。


症状片っ端から検索しても、ADHDADHDADHD………


病院行って診断でも受けて薬欲しい、切実に。


大学生になって一人暮らしするとかして


まとまったお金と住所を持ったら


診断を受けに行くと、もう2年前くらいから思案している。



でもまぁ


自殺啓発サイトとか見て


冷静になれるので


多分しばらくはしなないかな笑

絶望と諦めと無気力

絶望の先に諦めがあって、

 

諦めのの先に無気力がある。

 

絶望、といってもそんなおおげさなものでなくてもよくて

自分を含めた誰かに対する失望とか、なにをどうやってもままならないみたいなそういうもののことだ。

 

中学に入って"根本的な私の何か"が全てひっくり返ってしまってから、

ずっと、まぁ、無気力を塗り重ねた人生を歩んでいるのだが

 

無気力の先にあるものは無だ。

 

あるいは空気のようにまるで掴めない劣等感だとか虚無感のようなものかもしれない。

 

ただ進むことのない人生を。

 

沼の上を歩こうとしてずぶずぶと沈んでいくような、そんな感覚。

 

 

あまりの無気力さに、この土日をベット上でひたすらスマートフォンをして時間を溶かしてしまった。

 

…まぁでもスマホできてるだけまだマシかもしれないね

蜉蝣

種類にもよるが1日程度で死んでしまうらしい蜉蝣。


生きることままならず交尾して死ぬ


何の為に子孫を残し続けるのか?

その短く儚い生命は何のためにあるのか?


どうも人間は自分を基準として考える故、我々の平均寿命およそ80歳と比べて1日を短いと感じてしまうが、

しかし蜉蝣にとってはそれが全てなので、長い長い人生だと感じているのではないだろうか。


蜉蝣が人間は80年も生きると知った日には、

“そんな無駄に長い人生送って何が楽しいのか”と笑われてしまうかもしれない。



このブログについて

何か恋愛的なことに関わらず、


普段思った事柄や、自分なりに咀嚼したものなどを呟き形式にするのもありだなと感じたので、


これからはそのような方向でいきたいと思う。